社員インタビュー

#01 メンバー全員が誇りを持った チームであるために システム事業部システム第1課長 瀬谷 亮 #01 メンバー全員が誇りを持った チームであるために システム事業部システム第1課長 瀬谷 亮

1.システム事業というと、ICT(情報通信技術)に関する専門知識がないと
活躍が難しそうですが、専門知識がなくても大丈夫ですか。

大丈夫です。
先輩も入社後の研修で基礎知識からプログラミングまでを学び、活躍しています。
研修では、先輩社員が講師となり、一人ひとりの理解度に合わせて丁寧にケアしますので、苦手意識をもつことなく理解を深めることができます。
また、業務は商品企画や販売促進、顧客サポートと多岐に渡ります。
「地方自治に貢献したい」といった思いがあれば、何も心配をせずに門を叩いてほしいと思います。

2.ぎょうせいのシステム事業部だからこそできる、地方自治への貢献とは何ですか。

お客様の事務負担を軽減することで、地方公共団体の本来の業務である行政サービスの向上により多くの時間を割いていただくことができます。また、法令出版社として、法改正に対して正確かつ迅速にシステムをバージョンアップできる点や改正内容に関する情報提供、コンサルティングサービスを併せて提供できるのも我々の強みです。
今後は、スマートフォンなどを使って住民の利便性を高める新しいサービスを展開していくことも我々の使命と考えています。

3.若手社員育成について、心がけていることはどんなことですか。

まず、目指している姿は一人ひとりが自分で考え行動することです。そのためには「守破離」の考え方が適していると思います。どのような分野にも共通する仕事の型というものがあります。若いうちにその型を身につけた人は、数年後にはより自分に適した型を作り上げ、どの分野でも活躍できるような人材へと成長します。
型を覚えるために必要なことは、様々なことに挑戦することです。その「挑戦の機会を作る」ことを心がけています。

4.最後に、瀬谷課長が目指しているシステム事業部のあり方や、そのための取組について教えてください。

今展開している商品を大切にしつつ、新しいことに挑戦する事業でありたいと考えています。
そのために、若手を中心とした新商品企画のプロジェクトを立ち上げる等しています。
ICT技術は非常に速いスピードで進化しています。そのスピードに遅れることなく本質を見極めた商品を提供し、お客様に喜んでいただく。そのことで、メンバー全員が今の仕事に誇りを持ち、次に向けてまた頑張る。そのようなチームであり続けるよう、業務に取り組んでいます。

  • #02 出産・育児 経験者の立場から ~女性活躍推進~ 人事部人事課 小泉 亮子
  • #03 全支社に 貢献できる 営業パーソン を目指して 関東支社ソリューション営業第1課 平野 隆大
pagetop