人事給与管理システム

蓄積したデータの有効活用を実現!!

システム概要

これまでの人事給与事務の負担軽減に加え、人事情報を活用し組織のパフォーマンス向上に資するシステムを提供します。

2016年(平成28年)4月1日からLGWAN-ASP版でのサービス提供を開始いたしました。

導入効果

システムの特長

1.簡単・多彩な辞令発行

  • 発令事項に応じた文章パターンの設定や発令事項の入力だけで、辞令書や履歴書に載せる文章を自 動的に生成できます。
  • 辞令はWord形式で生成されます。Word上で印字項目、印字場所、文字フォントを指定し、自由 なレイアウトの辞令書フォームを作成可能です。
  • システム外で作成した履歴文を一括で取込むこともできます。

2.豊富な管理項目

  • 人事情報は約750項目、給与情報は支給と控除それぞれ約300項目を管理可能です。
  • 独自の項目を自由に追加することができ、追加した項目は履歴管理をすることもできます。
  • システム外で作成した各種情報を取り込むこともできます。

3.大量情報は一括入力

  • Excelで作成した実績入力シートの一括取り込み機能により、時間外実績の入力など毎月発生する 大量のデータ入力作業は軽減されます。
  • 計算結果は画面で一覧表示でき、値の修正もできます。

4.予定支給の設定が可能

  • 手当に支給開始月が設定可能なため、支給予定の手当を事前に設定することができます。
  • 「○月と○月のみ支給」といった設定も可能なため、特殊な手当支給にも対応できます。

5.他システムとのデータ連携

財務システム連携用の人件費支出額データや、elTax連携用の支払報告データを出力可能です。また、任意のレイアウトのCSVファイルを介して、システム管理情報を入出力することが可能で、この機能を活用することにより、庶務事務システムや人事評価システムなど関連システムとのデータ連携が可能です。

6.支給形態の異なる職員管理へ対応

一般職員はもとより、非常勤職員、臨時職員、再任用職員など勤務条件や給与体系の異なる様々な職員の支給管理が可能です。

7.ログ管理

操作履歴(誰が、いつ、どのデータを、どのように変更したのか)をログとして保存し、CSVファイルに出力することが可能です。

主要機能一覧

人事システム:人事情報管理、発令処理、辞令発行、配置シミュレーション、汎用検索
給与システム:月例、期末勤勉、年末調整、差額処理、標準報酬月額算定改定処理、マイナンバー管理処理、予算積算、給与実態調査、人件費決算統計

画面サンプル

稼動保証(推奨環境)

サーバ

OS
Windows Server 2012 Standard Edition
CPU
Intel Xeon 5400系(クアッドコア)×1
メモリ
4GB以上
HDD
146GB×3・15000r/min (RAID5)
必須ソフトウェア
SQL Server 2012 Standard Edition, Microsoft Office 2007 以上
周辺機器
バックアップ用機器(DAT,LTO,HDD等)

クライアント

OS
Windows7以上
必須ソフトウェア
Microsoft Office 2007 以上

同時接続数分のリモートデスクトップCALが必要

スタンドアロン

OS
Windows Server 2012 Standard Edition
CPU
Intel Xeon 5400系(クアッドコア)×1
メモリ
4GB
HDD
73GB×3・15000r/min (RAID5)
必須ソフトウェア
SQL Server 2012 Standard Edition, Microsoft Office 2007 以上

記載の会社名及び製品名は、各社の登録商標及び商標です。

pagetop